So-net無料ブログ作成

NEXT GENERATION MATCH U-18 Jリーグ選抜vs日本高校サッカー選抜@国立 [soccer]

今日は国立競技場で、“AFC Youth Player of the year 2011”(アジア年間最優秀ユース選手賞)を受賞を受賞した、清水エスパルスの石毛秀樹選手のプレーが観られると聞いて、現地に駆けつけました!!

※ご参考
【特別レポート】石毛秀樹選手「AFCアニュアルアワード2011」授賞式参加|清水エスパルス - 公式WEBサイト

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ちばぎんカップ2012@フクアリ [soccer]



2012年Jリーグ開幕戦までのカウントダウン。
先週はプレシーズンマッチが全国で開催されていました。

アウスタの清水vs新潟とフクアリの千葉vs柏でさんざん悩んだ挙げ句(嘘です悩んでません)、世界三大カップの一つである「ちばぎんカップ」を見に行くことにしました。

お目当てはもちろん、これ。

DCF00281.JPG

喜作のソーセージ!!
ちゃんとタッパー持参しましたよ!!


・・・ではなくて、今年からジェフに移籍した兵働選手。
昨年はなかなか出場機会に恵まれず不遇の1年を過ごした男が、レンタル移籍とはいえ新天地で奮起する姿を応援しないわけにはいきません。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2012年の戦闘服 [soccer]

いよいよ明日はJリーグの開幕です!!

ということで、今年の戦闘服はこんな感じです。

DCF00275.JPG

えー昨年に引き続きまたなんか黄色いのが映ってますが、昨年とは別のチームです(笑)。

2012年のコンセプトは「筑波の先輩後輩」。
ぜんぜん学年かぶってないけどね。雰囲気もちょっと似てるしね。

今期清水に入団した八反田選手はずっと別メニューで調整しているので、早くプレーを見たいところ。

木山監督に口説かれて千葉にレンタル移籍した兵働選手は、昨年のうっぷんを晴らしてほしい!!
フクアリ近いから、今年はばんばん通っちゃうもんね♪

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

関塚ジャパンも・・・!!! [soccer]

全国1億2千万の“裸の付き合い”ファンの皆様お待たせしました!!

ついに、関塚ジャパンにも導入されたようです!!

関塚U23大浴場貸し切りで裸の付き合い

裸のコミュニケーションでチーム力アップだ! 今夏のロンドン五輪出場を目指すU-23(23歳以下)日本代表候補が、今日15日から8日間の米グアム合宿で始動する。選手らは14日に千葉・成田市内に集合。関塚隆監督(51)が宿舎の風呂を貸し切り使用にできるようリクエスト。26人の選手全員に裸の付き合いをさせることで、チームの絆をより強め、一丸となってアジア最終予選突破を狙う。  気温30度のリゾート地グアムで、関塚ジャパンがビーチではなく大浴場に集結する。グアム合宿中は連日、午前と午後の2部練習が予定されているが、関係者によると、チームでは午後の練習後、宿舎の大浴場を連日1時間貸し切り予約済み。選手たちは全員で風呂で汗を流して疲れを癒やし、夕食会場へ向かうことになる。  関塚監督は一昨年のチーム結成以来、チームの和を重んじており、今回の大浴場プランも選手同士のコミュニケーションをより円滑に進めることが目的。これまでの国内合宿では大浴場を完備した宿舎に泊まることがなかったため、全員で入浴する機会はなかったが、今回の合宿で初めて男同士の裸のコミュニケーションが実現可能になった。  合宿は選手だけで26人という大所帯。もちろん各部屋にもバス、シャワーは完備されているが、関塚監督らしい計らいで、大浴場が即席の選手同士のミーティング会場に様変わりすることもありそう。MF山口は「そんなの初めてですね」。GK権田も「このチームは皆、仲がいいし、心配はしていないけど、そういう機会があるのはいいこと。ありがたいですね」と歓迎した。  自主トレ中のプロ野球選手やゴルフ客、観光客なども多く宿泊する中、大浴場が貸し切りなら選手たちもリラックスして入浴でき、なおかつチームの絆も強まってまさに一石二鳥。FW永井、DF比嘉を中心に、関塚ジャパンはチームの明るさが特徴だが、グアム合宿でさらにチーム一丸となって最終予選を戦う中東の地へと乗り込む。【福岡吉央】  [2012年1月15日6時31分 紙面から]



U-23に足りなかったもの・・・それは裸の付き合いにほかなりません!!
これで一致団結。ロンドン五輪までチーム一丸となって闘ってくれることでしょう。

続きを読む


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

年末年始自堕落日記 [tsubuyaki]

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

元日に国立競技場に並ぶ必要がなくたった今年の年末年始は、例年通り年末から実家に帰省して「酒スキー酒スキー酒酒スキー酒」な毎日でした。

行く先々の酒屋で気になるお酒を買ってしまうため、飲んでも飲んでも酒瓶が増えていく不思議なおうち・・・。結局飲みきれず持ち帰ってきましたが(笑)。

sake.jpg


それはともかくとして、去年は諸般の事情によりスキーができなかったので、今年はガッツリ(当社比)滑ってきました。

続きを読む


タグ:スキー
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

J1第34節 清水エスパルスvsガンバ大阪(2011年12月3日) [soccer]

J1最終戦。
ガンバは西野監督の退団が決まっており、逆転優勝を決めて監督を送り出したい意向。
とはいえ、うちも負けるわけにはいかないのだが。


先に始まったJ2では、優勝を決めているFC東京に続き、鳥栖と札幌が劇的な昇格を決めたようだ。
来年の北海道遠征と九州遠征に備えてお小遣い貯めておかねば・・・。


続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

J1第33節 鹿島アントラーズvs清水エスパルス(2011年11月26日) [soccer]

Jリーグは残り2戦ということで、アウェイの鹿島國に乗り込みました。


スタジアムに着くなり鹿島名物のもつ煮に骨抜きにされたところで勝負が決まっていたのか(笑)。

ただでさえホームに有利なファウル判定の連続に、1試合に誤審が2回もあったら、どんなに素晴らしいチームでもプレーに集中できなくなるのは当然。

ガチンコの賞金争いに水を差された残念な思いだけが残り、試合内容については特に語るべき内容もなく。


最終戦は勝ってシーズンを締めくくりたい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

J1第32節 清水エスパルスvs柏レイソル(2011年11月20日) [soccer]

Jリーグもいよいよ残り3戦。
13時キックオフということで、往復東海道線で行くことに。

スケジュールの都合で7月の新潟戦(レポート書いてなかった(^^;;)以来なかなか清水戦現地観戦できなかったのですが、その間にヨンアピンとユングベリがやってきて、全然別のチームになってましたよ。

シーズン初めの大量移籍でどうなってしまうかと心配していましたが、ゴトビ監督の人脈すごすぎです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

SUPER GT 第6戦 富士250km(2011年9月11日) [motorsports]

春富士以来のGT観戦。

久しぶりの車中泊だったので、裾野の温泉に入ったり、魚啓で海の幸を堪能したり、足柄でおいしいうどんをいただいたり、東名の大渋滞を避けて下道で帰ったりと、富士のGTを満喫しました。

もちろん今回はレースも満喫!

なんてったってZENT CERUMO SC430が優勝ですから!!!

fuji01.jpg


二日たっても久しぶりの優勝の余韻が冷めやらないまま生活していたわけですが、ふとある衝撃の事実に気が付いてしまい、愕然としたのでした・・・。


ってことで前置きしたところで、レース観戦のレポートです。


続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこ世界一!! [soccer]

ついに、ついに日本がワールドカップを手にしました!!
しかも女子サッカーで!!!

120分の死闘を経てのPK戦。
アメリカは先攻だったにも関わらず、海堀のナイスセーブに出鼻をくじかれ更なるプレッシャーに負けてしまった。

一方、気力で上回った日本。
恵まれない環境の中でサッカーを続けてきた先輩たちの想いを受け継いだ代表選手たち。
女子サッカーに関わったすべての人たちの願いが達成されました!
本当におめでとうございます!!そしてありがとうございます!!!

ピッチ上で選手の支えになった澤はもちろんですが、ずっと日本のゴールを守り続けてきた山郷が心の支えとなりチームを一つにまとめた影のMVPだったことは間違いないでしょう。

そして佐々木監督の不思議な空気。PK戦を目前にして笑いを取れる監督はそうはいません。
『なでしこ力  さあ、一緒に世界一になろう!』( 佐々木則夫 講談社)は必読ですよ!!


このメンバーで優勝できなかったらあと30年は優勝できなかったかもしれません。
でもこのメンバーで優勝できたから、未来のなでしこ達への支援の輪はどんどん広がっていくでしょう。


日本がディフェンディングチャンピオンとして迎える4年後のワールドカップ。
宮間も永里も岩渕もますます実力をつけているはず。

そして近い将来、日本での女子ワールドカップ開催がきまれば、女子サッカーのすそ野ももっともっと広がるはず。
JFAの人たちには本腰を入れてもらいたい。


今日が日本女子サッカーの夜明けでありますように。

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。