So-net無料ブログ作成
検索選択

J1第10節 ベガルタ仙台vs清水エスパルス(2012年5月6日) [soccer]

ゴールデンウィーク3連戦の3試合目は首位決戦!!
富士でSuperGT見た足でそのまま仙台に乗り込みました。

ぽかぽか陽気のスタジアム、「永遠の12歳」ベガッ太さんのお誕生日祝いとかむすび丸のキックインとかイベント満載でなごやかな空気。

DCF00478.jpg

だったのですが・・・。

試合開始と同時に西の方からまっ黒な雲が押し寄せてきて、稲光も見えるように。
主審が試合を止め、選手がピッチ上から引き上げるのと同時に、ものすごい(´w`)雹が!!

DCF00482.jpg

このあとさらにひどく降って一瞬スタジアムが真っ白になったんだぜ・・・。
屋根付きスタジアムで良かった・・・。

試合再開されるか心配でしたが、雨雲もあっというまに通り過ぎて14時再開。

清水の選手たちは集中を切らさず、きっちりと試合に入っていたので一安心。
お互いにディフェンスラインを高くして複数人でプレスを仕掛けるチームだけに一進一退の攻防が続く。

前半残り5分のところで、左サイドをドリブルで駆け上がったトシからゴール前に飛び込んできた元紀にパーフェクトなクロス!!
元気が落ち着いてゴールに流し込み、アウェイで貴重な先制点!!
いい時間帯の得点で試合を折り返すことに成功。

後半も追加点を狙って行こうかという矢先、ジミーフランサが負傷退場で伊藤翔さんと交替。
早くからアップをしていた高原を出すと思っていたのでちょっと意外。

前半は両チームともカード0の好ゲームだったのが、後半になると佐藤主審のジャッジが一変。
例によって清水の選手側にファウルとイエローカードが連発するようになり、思うように試合を進められなくなってしまう。
そしてやはり今回もヨンアピンに2枚目のカードが出され退場に。
もちろん激しいタックルもあったかもしれないし、一つ一つのジャッジを検証したわけではないけれど、清水サポにとっては「またか・・・」という印象。

それでも今年の清水はアウェイの洗礼にも屈せず、勝利に向かって突き進むのみ!!
前線ではアレックスと元紀と大悟が献身的にボールを追いかける。
タイスケもキジェも豊も途中交代で入った平岡も、みんなみんな頑張った。
最後の砦は林の落ち着いたセービングと、イワシのクリーンなディフェンスで防ぎきる。

ベガルタの猛攻を全員で守り抜き、長いロスタイムも全力でしのぎきり、見事な勝利!!!
首位仙台に勝ち点2差の2位キープ!!


試合後は選手への激励コールと勝ちロコ。
サポーターのキャラコールに手を合わせて頭を下げるヨンアピンに萌え死んだ。

そして仙台の選手とサポーターへの「ベガルタ仙台」コール。
ベガルタサポーターからもエスパルスコールのお返しをいただき、試合結果に関わらずお互いをリスペクトできるサッカーファミリーの素晴らしさを実感。


ゴールデンウィーク3連戦3連勝と最高の結果で締めくくることができました。
強行日程だったけど全試合生観戦できてよかった!!!

エスパルス最高!!!

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 1

narup-4

テレビで見ましたが、さすがJ1は違うなあ、。と。
我が方はほとほとクタビレたGWでした。
by narup-4 (2012-05-06 20:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。