So-net無料ブログ作成

SGT@もてぎ決勝 [motorsports]

U-22サウジ戦を見届けてから出発。

今日も暑かった・・・。

なんかね。
もうね。
今回は、ありとあらゆるアクシデントが降りかかってきましたよ。

300クラス101号車は、昨日の1回目の予選が車両規定違反で失格。
しかもこの違反、チームの方ではどうも「はいそうですか」と納得できるような内容ではなかったらしく・・・。
なんかスッキリしません。
しかも失格を知ったのが2回目の予選が始まってからなものだから、グラスタでプチパニックですよ。
101号車はノックダウン方式の1セクション目でトップタイムを出しているのに最後尾スタート確定。
まあ、決勝出られるだけマシか・・・。後ろの10台なんて余裕で抜けるしね(笑)。

そんでもって、今朝のフリー走行はトラブルで1回も出走せず(--;;。
40D出番なしんこ。

決勝。
チャンピオン争いの紫電が8番手のあたりをうろうろしている間に、最後尾からどんどん順位を上げていく大嶋選手。予想通り、下位の10台はごぼう抜き。
レース中盤、12位争いのまっただ中。もうすぐ47号車をとらえようかという90度コーナーに、ありえないスピードでつっこんできたマシンが!!!

33号車。

アリエナサス。

グラベルに押し出され、動けない101号車・・・。

オフィシャルに救出されてコースに戻れたのは不幸中の幸い。
そのままピットインして、石浦選手に交替。
といってもそのまま走っていても入賞はありえないので、ベストラップの1ポイント狙いに切り替え。
500クラスのマシンをやり過ごし、遅い300クラスに引っかからないように気を付けながらのアタック。
数度のチャレンジで、見事ベストラップ(2番手)を獲得。

でも空気読めない13号車がリタイアしてしまったおかげで紫電が6位に浮上。
ポイントランキングで逆転されてしまった・・・orz。

さて、500クラス38号車は、予選2番手。

スタートドライバーの虎之介選手も、危なげのない走りでポジションキープ。
18号車は速すぎだけど、38号車も3位以下を圧倒的に引き離していたのでまずまず。

ドライバー交替を終えて、追い上げる立川選手。

何の問題もなく2位を快走していたのに、残り5周というところでまさかの白煙。
そこでリタイアかよ!
表彰台に向かって必死に歩いてたんだよ!

18号車のチェッカーの瞬間なんて、悔しくて見られるもんか。
ということで、さっさと帰宅。

今日はなんだか疲労感だけが残る結果に・・・。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 2

ゆかごん

もーどうしてくれよう!この悔しい気持ち!!!

色々辛すぎですけど。

次は優勝してほしいよー><
by ゆかごん (2007-09-10 18:21) 

idetch

私が見に行かないと勝つらしいので、オートポリスは応援よろしくお願いします(^-^;。
by idetch (2007-09-11 21:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。